--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
 
2007-05-20(Sun)

校長先生とクジラ

今は欧米の多くの地域で捕鯨を反対していますよね。
いろんな理由があるのでしょうが、聞いた話によると
鯨は哺乳類で一番大きい動物だからってあまり説得力ない、、。
ちょっと前まで捕鯨反対のほうが多かったみたいですが、
最近は確か日本で最近、国際大会があったりして
捕鯨の反対国と日本なんかの賛成国の数が拮抗しているみたいで、
すでにこういった捕鯨に関する条約から脱退しているノルウェーのような国もあるので、もしかしたら近い将来捕鯨が再開されるのかも知れません。

そんなクジラに対して親近感のわくようなアニメーションが無料で見られるようになっています。校長先生とクジラ」の動画は、ほのぼのとした絵のアニメーション
戦後の食糧難時代に貴重なタンパク源としてクジラ肉を食べて育った小学校の校長先生が、幼い頃描いたクジラの絵を見ながら、過去の記憶を思い出すシーンから始まります。

回想から現実の世界へと戻り、ふと窓の向こうの海を双眼鏡で見ると、クジラが浅瀬に迷い込んでいたのです。思わず飛び出し助けに行く校長先生。
体育の授業中だった生徒も一緒に海に入りクジラを助けるというストーリーです。

短いストーリーながら奥の深さがあり、考えさせられる作品で、見方や観る世代によって感じることが様々だと思います

そういえば、昔小学校の給食で、クジラを食べていたなあって思い出しました。
現在でも千葉や静岡などの地域では、クジラを食べれるみたいですが、十数年クジラを食べていません。
この動画に出てくる校長先生なんかもそんなくじら肉を食べていた記憶があるんでしょうね。

今はそんなに接点がなくなってしまったクジラに対して、考えさせられる動画に仕上がっています。



一度サイトをチェックしてみて下さいネ





※BloMotion・キャンペーン参加記事


スポンサーサイト
   
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

子育てライターのプロフィール

~おもしろ子育てエピソード~娘の日記です。    

口コミネットステーション

最近の記事
ads
世界で認められた抗ガン
漢方薬「天仙液」
漢方薬「天仙液」

「ディズニーの英語システム」 無料サンプルプレゼント


お祝い返しにカタログギフト ベビーチョイス
今なら2割引!
カタログギフトチョイスベビー









ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。